上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.02.11 略奪大国
ということで。

先週軽く予告した『略奪大国』のレビューでも書こうと思います。
文章は随分と読みやすかったので、政治とか経済とかが苦手な人でも読みやすいとは思います。

・・まぁ、後半の方はちょっと文章のテンション上がりすぎでしたけど。

まず資本主義とは何か。
というお話からスタートします。
とりあえず確認しましょう。学校で一度くらい学んだことがあるとは思いますが。

お金(手持ち金とか投資金とか)で事業をスタート

その事業の結果により、利益が発生する

余剰資金を用いて事業を拡大する(経済が拡大する・雇用が増える・他)

以下エンドレス

という感じで、事業の流れの中で経済を拡大していくという考え方です。

さて、ここまではいいのですが。
『略奪大国』では一方で、社会主義をこう定義しています。

お金(手持ち金とか投資金とか)で事業をスタート

その事業の結果により、利益が発生する

その利益を国家が収集する

国家がその利益を国民に分配する

企業は事業を拡大できない(経済減衰・雇用減少)

以下エンドレス?

という感じに。

これで殆ど結論なんですけど。
つまり社会主義は経済が拡大せず、寧ろ国民生活を悪くするので、資本主義の原則をきっちりと守るべきだ、という主張です。
資本主義がきちんと行われていれば、国民生活はどんどん良くなっていくということです。

最近資本主義の終焉とかいうまことしやかな主張が巷を騒がせていますが、『略奪大国』の著者ジェームズ・スキナー氏によれば資本主義が機能不全に陥っているのではなく、ルールを外れた金融テクが今の経済不況を起こしていると分析しています。

ご存じの方もいらっしゃるとはおもいますが、例のリーマンショック。
韓国の陰謀だとかそういう話はここでは置いておいて。

その原因となったサブプライムローン、正しく理解されていますでしょうか。
低所得者向けの住宅ローン、確かにその通りですが、それを成立させる前に、ちょっとした技術が加えられています。

それが債権の証券化。
例えば、A銀行がBさんに1000万円の融資をしたいと考えます。
でもBさんの試算状況は余り芳しくない。
ということで、1000万円を分割して、複数枚の証券にします。
例えば100万円の証券を10枚とかに。
それを他の人に買ってもらう訳です。
C銀行とか、投資家のDさんとかに。
これでリスクが10分の1になるように見せかける訳です。

でも、実際Bさんが支払えなくなったら?
本来ならA銀行だけのダメージで済んだものが、A銀行以外の9人にまで拡大する訳です。
それで損害がグローバルに拡大したと。

そもそも銀行がちゃんと審査をして、Bさんへの融資を止めればよかった。
にも関わらず、リスクが低いように見せかけて、危険な(回収できないような)案件に融資を行う。
この銀行の責任放棄(本来銀行はリスク審査機関です)により、経済収縮が起こったという訳です。

つまり、資本主義の原則は何も崩壊していない。
寧ろ、原理原則に基づき、資本主義を拡大することが重要なのだと。

さて、ここで日本の話です。
もうおわかりかも知れませんが、この『略奪大国』とは日本のことです。

では、どのような略奪が行われているのか・・。
もう少し書きたいのですが、少し出かける用事があるので続きはまた次回に。

ではでは。
さてさて、今日は時間があるのでもう一つ書いておこうと思います。

それより今気付いたんですけど、ブログテーマに福島第一原発のテーマがあるんですねぇ。
随分と感情的なテーマではありませんか。

ところで、どうするああするという主張は様々にあります。
僕もよくやってしまいますが、主張をするのは簡単なんですよね。
原発だってそう。
「脱原発」或いは「原発賛成」
どちらも正しい主張です。
どちらも間違ってはいない。

ですが、どうもそれを感情的に、一方的に主張する風潮が日本社会には多いように感じます。
2chか忘れましたが、東京新聞か何かで原発は必要という主張をした女子高生の意見に対して、良い大人がまるでヒステリックに反対したとか、東京新聞とその女学生に抗議を申し入れたとかいう話がありましたね。

ちょいと探したら出てきました。これです。
JKの投書「上手に原発の利用を」

未成年の一つの意見に対して、ここまで感情的に反応する必要があるんですかねぇ。
議論は必要ですが、この反論は議論ではなく単なる暴言ですし、原発反対ならその根拠を丁寧に述べる必要があるでしょう。
この女子高生が言っているのは、「原発が無くなったら今まで通りの生活ができなくなるし、きっと企業にも影響がでる。」
ということです。
それに対しての反論(?)は
「こんな意見載せるな」
「原発はいらないと確信」
「私たちが経験した耐久生活を知らない」
「18歳の若者が発言に責任を持てるのか」
という反応です。
詳しくはURL先読んでください。

ただ一人だけ、言い得て妙な弁護をされていますね。
「3・11以降の報道は本当に怖かった。・・(中略)まるで戦時中のようだ」

この56歳の女性の方、良い着眼点だと思います。
というか、日本ってそんな社会なんですよ。

何かが「正しい」とされれば、それを盲目的に信奉する。
反対意見は述べることすら許されない。
述べたらどうなるか、この女子高生は身にしみて痛感したことでしょう。
もう今後、自分の考えた意見を述べることはないかもしれませんね。

だって、怖いじゃないですか。


さて、話がそれました。(しょっぱなからそれたww)
実は今日、本を買ったんですよ。
『略奪大国』
という本です。
久しぶりに政治と経済の本です。小説ではなく。
よく電車の広告に張ってあるのを見ていたので、どんなもんかと立ち読みしてみたら随分と理論的な文章だったので即座に気に入り、購入してみました。
簡単にいうと、日本の既得利権を暴くような本になっていますね。
著者はジェームス・スキナーという人。アメリカ人のようですが。

というか、だからこそ買ったんですけど。
最近(勿論全員ではありませんが。)日本人著者による経済本とか政治本の質が非常に悪くて。
先程原発云々の中で触れましたが、学者までも感情論と決められた枠内での主張しかしなくなっているように感じてしまいます。
論理的に分析された本を求めている身には、感情論と主観だけの主張はどうにもなじみません。
というかあんな主張しか載っていない本に千円以上も掛けて買う人がいるのですから、どうにもお金持ちの発想は分かりませんね。

だって、どう考えても買うだけ無駄ですから。

とはいえ、この『略奪大国』、まだ読み始めたばかりなのでレビューを書くのは来週以降にしたいと思います。
ただ、最初の数十ページでなかなか面白いことが書いてありましたよ。

一つ残念なことを言えば、どうしてこの本が日本人著者の手から発行されなかったのか。
そんなことを考えながら、この本を読み進めて行こうと思います。

ではでは。
どうも、レイジです。

先週は寒かったですねぇ。
いやまじで、日中五度とか普段の東京じゃ考えられません。。
温暖化どこ行った。

いや、この寒さは温暖化の副作用だみたいな話は聞いたことがありますが。

そう言えば先週の木曜日は日経新聞にミクさんの特集が載っていましたね。
感動して三回読みましたよ。
・・でも昨日のNHKは寝坊して見過ごしました・・。受信料払っているのだから、こういうときくらいちゃんと見ておけばよかったと思います。

さてさて、では今週の更新情報でも。
黒髪の勇者
漸く第一編が終了しました。

黒髪の勇者 第二十六話
黒髪の勇者 第二十七話
黒髪の勇者 第二十八話

ところでこの黒髪の勇者、原案自体は結構前に(2~3年くらい前)からありまして。
元々はラノベらしい主人公のハーレムルートを用意していたわけですが。
考察をやり直して、主人公の詩音君もラノベらしい、ゲーム好きでぶっちゃけ弱いけどミルドガルドに行くと不思議な力で突然強くなる、みたいなキャラだった訳ですが、それを真面目で、元からかなり強い人間に変更するなど、設定を変えて壮大な書きなおしをしているのが今の『黒髪の勇者』になります。

その第一弾『黒髪の勇者』(非公開作品)のスタートは、実は王立学校編からでした。
その前に舞台背景をもう少し深堀りしたく、海賊編を挟んだ訳でございます。

ということで次回から黒髪は本当のスタートになります。
どうぞよろしくお願いします。

もしかしたら来週は一度お休み頂くかもしれません。
第二編の前に設定を練り直ししたいので・・。

ではではノシ
どうもこんにちわ。
レイジです。

さてさて、今週は月末なせいか随分と忙しかったです。。。
最近はミクさんの『tell your world』を聴くのが日課みたいになってますが。
グーグルのCM本当にいいですよね!
インターネットが無かったら僕もこうして小説を投稿することもありませんでしたし、ネットを経由してこんなに沢山の人脈を築くことなんてできなかったと思います。

僕は評価してもらわないと伸びないタイプなので・・ネットが無かったら小説を書くこと自体諦めていたでしょうね。
今ラノベの大賞用に一つオリジナルを書いていますけれど、そもそも大賞を目指そうなんて思わなかったと思います。
(その前に何の大賞があるのかもネットで調べたりしているので、仮に書いたとしても応募できなかったんじゃ・・^^;)

僕自身が初めて投稿したサイトがピアプロということもありますが、ミクさんの恩恵は音楽を直接手掛けない僕にも凄い大きなものがあるわけで。

そういう意味で、ミクさんには感謝しきりです。

ではでは、今週の更新情報です。

黒髪の勇者
第一編のクライマックスが近づいてまいりました☆
ぜひお楽しみくださいませ。

黒髪の勇者

今週はこれ一本です。。
すんません。
裏のオリジナルも並行しているので、ちょいと投稿ペースが落ちております。
気長に読んで頂けると幸いです。

それでは、今週もよろしくお願いします☆
さてさて。
今週もよろしくお願いします。

先週は随分と寒かったですねぇ。。
金曜日は雪降りましたし。。
そんな中で埼玉の奥地に出張とかありまして。。
ついてなかったです。。。

皆さまも風邪をひかれないようにご注意くださいませ。

ではでは

『黒髪の勇者』
海賊との戦闘です。そろそろ一段落つきそうな予感。
黒髪の勇者 第二十三話
黒髪の勇者 第二十四話

今週から連載が一つになったので、投稿ペースは上がると思いますw
とはいえ、裏でいろいろ動いているのでぽんぽん投稿はできないとは思いますが。。

ではでは、今週もよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。