上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近騒がれているので、ちょいと情報収集をしてみました。

賛成派と反対派が真っ向から対立していますが、強く活動しているのは反対派の方みたいですね。

とりあえず、TPPが何者なのか纏めてみました。

現在の締結国
シンガポール・チリ・ブルネイ・ニュージーランド
元々この四カ国で完全を撤廃して、締結域外の国家に対する存在感を強める為に締結した条約だそうで。

実はこの事実を今知った・・。これから締結しようとアメリカが動いている条約だと思っていたので。

それを環太平洋地域にまで広めようというものが現在のTPP交渉だそうだ。

ところでこのTPP、そこまで危険なのだろうか。
というものが自分が感じた率直な意見である。

特に反対派の言い方は過激だし。
一言で言うと、TPPを締結したら日本が滅亡するということらしい。

彼らの言い分はつまり、
1.安い農産物が流入してきて日本の農業が滅びる。
2.外国産の『悪い』農産物が入ってきて、日本人の健康が損なわれる。
3.健康保険制度が破壊される。
4.日本に穀物が輸入されるせいで、世界が飢餓におそわれる
5.観光業も立ちいかなくなる
6.輸入増加で国内雇用が減る
7.外国人労働者が大量に入ってきて、国内雇用が減少する

とかとかとかとか。

アホか。

まず農業関係から。
仮に外国産の農産物が入ってきたとして、あんたら買うの?
二十年くらい前に冷害で米の生産が落ち込んだときに、外国から米を緊急輸入したけど、皆買ったの?
結局残り少ない日本米求めて、高いお金払って買ってましたよね?

少なくとも米に関しては自由化しても日本の米を買うと思う。
一部の外食がコスト削減の為に外国米使うかも知れんが、それに対抗して国産米を使う店と差別化を図ってくるはず。
価格差が相当開く可能性はあるけれども、日本の米はもっと安く作れるはずだ。

それから、本気で世界的飢饉になると言っている馬鹿がいるみたいだが、(理由は日本に大量の農産物が入ることで世界の供給バランスが崩れるという荒唐無稽な主張。)自国の消費量を削ってまで日本に農産物を輸出する国家があるのか?
ある訳がない。そんなことをしたら、日本人と違って自己主張をしっかりする外国ならクーデターが起こる。第一、日本には沢山食料が入ってくるなど考えるだけでどれだけ傲慢な考えだろうか。
少なくとも食料品は自国を優先させる。食わせられない施政者はは滅びる。歴史上何度もあったことだ。

話がずれた。
考えてみてくれ、どうして農業法人が発展しないのか。

規制が厳しいからだろう。企業が農家を従業員として雇って大規模農業を展開すれば、相当なコスト削減が可能だと思う。農家が給料という形で安定した収益が確保できるようになれば、現在高齢化が進んでいる農村人口に対しても若い人材の確保もやりやすくなると思のだが。採用も普通の企業みたいに、就活して農業法人に進む新卒・中途社員が増えるのではなかろうか。
それに規制のゆるい外国産の農産物が不可思議な圧力で大量に入ってくるとも言われているが、あくまでTPPは自由経済の進展にある。産地表記された農産物を見て、日本人が一体何を買うというのか。
TPPを締結したら日本がアメリカの植民地にでもなるというのか。

環太平洋地域が全てアメリカの支配下に置かれるような条約なら、そもそもTPPの議論すら発生しなかっただろう。
むしろアメリカに対抗するバランサーとして、現在TPPを締結している四ヶ国は日本の加入を求めているということが実際の現状ではなかろうか。

勿論、アメリカ側の事情もあるだろう。
そもそも貿易摩擦の時代からアメリカは日本との貿易自由化を求めている訳だし。
オレンジ、アルコール、牛肉ときて、ここぞとばかりにTPPを持ち出して念願の日本との貿易自由化を達成する。
それがアメリカのシナリオではないだろうか。
(根拠のない推測であることはご了解頂きたい。)

それで、何か変わるだろうか。
日本企業と米国企業を比較して、明らかに負けていると思うのは金融と保険、それからIT関係業だけだと思うのだが。
ウォルマートは成功しただろうか?
アメ車は日本で売れるだろうか?
アメリカ製の家電を見たことがあるだろうか?

俺個人の意見になってしまうが、サービス業は日本が一番だと考えるし、(おしぼり文化が日本にしか無いように、質の高いサービスを提供できるのは日本人の特性だと思う。)自動車は馬力はともかく、全体としては日本車の方が性能がいい。家電はむしろ、TPP不参加を表明している中国産の方が脅威だ。

最後に気になるのは外国人雇用者が増えるということ。
これは確かに脅威だろう。最低賃金でも喜んで働く人が増えれば、自然と日本人は淘汰されることになる。
というか、今コンビニでも外食でも外国人労働者が多数いるが、それがもっと増えるということ。

ここで質問だが。
日本語という世界で最も難しいと言われる言語の国家で、日本人以外の人間がサービス業を行っているのか。(在日云々はここでは省く。)
一体彼らは日本語を覚えるためにどれほど努力をしたものか。
アメリカとは状況が違う。世界の多くの人が自然と会話できる英語圏ではない日本で、大量の労働者が入ってくるということは、彼らは少なくとも日本語をまともに習得できるだけの知識階層が入国してくるということではないだろうか。

流石に無造作に、日本語もろくに話せない人材は企業としても用無しだと思うのだが。
逆にだからこそ日本人が海外へとでたがらない理由にもなっているのだけれど。
つまり今の日本人は、ホームでの戦いにも負ける程度に弱々しい存在だと認めていることにもならないか。
負けてんなよ。。負けを認めるのが早すぎる。

第一、外国の人間から見れば、日本がそんなに弱い存在だとは見ていないだろう。
何しろ世界第三位の大国なのだから。

纏めに入るが、基本的にTPPはアメリカとの二国間取引に近い。
経済規模でいうと、日本とアメリカでTPP経済GDPの9割以上を占めることになる。
いたずらに不安を煽るのではなく、冷静な判断で、つまり日本という大国としてどのような立場で国際関係を主導していくのか。
それを明確にしながら議論すべき問題であると考える。

反対派も賛成派も、煽っているだけでは何も生み出さないことをよく認識すべきだ。
野田首相が誕生して、復興増税論が取り上げられている昨今ですが。

ちょいと、僕なりにこうして欲しいなぁというお話が。

給与明細を見ると、毎月天引きされているものがあります。
所得税、住民税、それから厚生年金。
税金の部分は置いておいて、厚生年金の部分について。
(自営業の方やパート・アルバイトの方は国民年金に該当するところですが。)

毎月、僕だと15,000円抜かれているわけですよね。
それでもって、この金額、ご存知の通り納付率が50%程度と絶賛低迷中。
まともな企業だと、厚生年金の加入が義務付けられているので、(一人でも従業員を雇っていれば)企業分は完全に納付されている、とお考えの方。

違います。違法を覚悟で、(特に零細企業)厚生年金を支払っていない会社、結構あります。
それから、国民年金は普通に滞納。

もともと年金は現役世代から資金を取って、その時代の退職者に分配する、という考えですから、ただでさえ人口減で収入が減っているのに納付率が下がれば、単純計算、年金支給額が不足するという結果に陥ります。
それを賄うために国債を発行したりするわけですが。

僕は思うわけです。
年金制度やめて、全部消費税にしろよ、と。

つまり、消費税20%くらいでもいいので、その分毎月引かれる厚生年金の支払を0にして欲しいと思うわけです。

僕が大体月に支払う買い物の額が大体10万円とかなので、10万の20%で大体2万円。
大体、とんとんの計算になるな、と。

もちろん、消費税は年金積み立てを払わなくても良い高齢者も負担するものなので、税率はもっと下げることが可能かと。
更に、納付していない人に対しても、強制的に徴収することができます。

これ、平等じゃね?
と僕は思うわけですよ。

ここまで来て、日本には増税以外の選択肢は無いと思うので、是非ご検討いただきたい、とか、勝手に考えている今日この頃です 。
いや、知ってはいたんですよ。
今日お台場でデモ・・じゃなかった、お散歩オフ会やるってことは。

でもまさか二千人集まるなんて思わないじゃないですか。(数字は多少のずれがありますが。最低500名~最大2500名まで、統計はとれていないみたいですね。)

いずれにせよ、2ch発案のフジテレビ抗議デモは大成功に終わったのではないでしょうか。
本番のデモは21日だそうです。
さてさて、どうなることやら。
僕はちらりとニコ生で様子をのぞいただけでしたけど、僕が見た段階で資料回数6万回越えてましたから、相当の人が注目していたのだと思います。

それだけ、日本のテレビ局に対する不満が募っていたとも言えるでしょうね。

ところで、奇妙な現象が起こり始めていますよ?
こういうものは通常、ネットで広まり、ネットを使用しない人間はその情報すらも知らないという状態に追い込まれることが常でした。

何しろ、テレビ局は(気持ちの悪いことに)放送しないと決めた内容はどの局も、地上波だけでも6社、更に新聞も含めれば大量のマスコミが存在しているというのに、放送を一切しないという現象が起こります。
これ、考えてみれば気持ち悪いですよね。
メーカーなら、他社が不得意な分野に関してはその製品を逆に作り上げて有利に立とうとするというのに。
どうも日本の「情報」というものは、まるでカルテルで決められているかのように、一斉報道並びに一斉不報道がなされる用ですね。

って考えてみればこのあたり、お隣の国中国とあんまり変わりませんね。
正しい情報を手に入れるためには、ガゼネタが含まれていることを承知でネットで、自力で探していくしかない。
なぜだか情報の制限を行い、都合の良い情報しか流さない日本のマスコミと、国家に都合の良いことしか流さない中国。
これ、同じことやってますよね?
もちろん、ネットの検閲が入らない分、中国よりも何倍もマシですが。

話ずれました。
いやですね。ネットをやらないというか、携帯もパソコンも触ったことが無い母親でも、最近のテレビ局がおかしいと勘付き始めているんですよ。

あまりにやりすぎたんでしょうかね。

ところでもう一つ。
どうして日本のマスコミはデモ情報を流さないのでしょうか?
一般の人は「日本にはデモが一切行われていない。」
と勘違いしている人が沢山います。
先日の反原発デモしかり、昨年(でしたよね?)の尖閣諸島デモ、そして今回のフジテレビデモ。
知らない人が沢山います。

理由なら簡単、ニュースにならないから。
まぁ、今回は少し違った傾向が見られますが。
これは中東と殆ど同じ現象。ツイッターです。
それに、日本ならではのネット生放送。

先程から、ツイッターのフジテレビに関する呟きが止まりません。今日だけで一体何人のユーザーが呟いたのでしょうか。
そろそろ、面白くなるかも、知れませんね?

2011.08.03 世論の定義
どうも。
レイジです。

最近書くペースが早いのは多少人生に余裕が出来たからかもしれません。
・・お金は湯水のごとくなくなって行きますが・・。

さてさて。
ご存知の通り高岡さんのTwitterから始まった一連のフジテレビ&韓流批判。
ネタじゃなくてガチになってきましたね・・。
詳しい内容は2chやニュースサイトに任せるにして、どうも最近、妙な流れがあると思いまして。

昔からネットは情報が早いが信憑性にかけると言われておりますが。
近頃はネットの情報が後日TVなどの既存媒体に取り上げられることが多くなっているような気がします。

一連の韓流はまだ既存媒体は報道しておりませんが。
(或いは報道できないのでしょう。金が絡んでいるのかどうかは知りませんが。)

中国の新幹線事故の時、死亡者35人の法則というものを2chのまとめサイトで見たのですが。
36人以上の死者を伴う事故が発生した場合、共産党の幹部が更迭されるそうな。
その内容が2chに取り上げられてから数日後、TVで死者35人の法則を取り上げておりました。

自分が解説すると、同じテレビを見ていた父親が一言。
「今はネットの方が情報が早いんだなぁ。」

おっしゃるとおりで。
いつの間にか、ネットの情報がメディアに取り上げられる時代に到達している。
・・父親はネットはしておりませんが、だからこそ余計そう感じたのかもしれません。

さて、話を戻して韓流批判。
これ、このまま放置できますかね?
花王のAmazonは絶賛大炎上、Twitterを見るとどうやらいわゆる『一般人』の方も花王不買運動に気づき始めている模様。(「なんで花王?」というツイートが昨日あたりから散見されます。)

今やネットの影響力は甚大。
そう、皆さん見てきたじゃないですか。
中東で何が起こったのか。

一国を滅ぼすだけの力をもったインターネットに対して、果たしてフジテレビや花王というただの企業がどう戦うのか。それはそれで興味がありますね。

無視を決め込んで壊滅的な打撃を受けるのか。
妥協点を図るのか。
インターネットに対して無残な敗北を晒すのか。

今やネットは無視できる媒体では無くなったと、僕は思うわけです。
寧ろ世論を形成する強力な媒体として、既存媒体に対して挑戦をしている。
僕にはそのように映ります。

さて、旧世代の支配者たちは、新世代に対してどう対処していくのか。
今後の展開も目が離せませんね。
2011.07.30 実は。
軍艦とか大好きな人間です。はい。

自衛隊の艦艇とかもう、調べ始めると止まらない。
(軍事マニアという訳ではないです。型式とかスペックとか詳しいこと知らんww)

戦闘機とか戦車には感銘をうけないんですけどねぇ。
なぜか海軍だけは好き。
違うかな?

なぜか海上自衛隊だけ大好き。
なぜかは知らん。

まぁ・・もしきっかけがあるとすれば中学生位の時に『沈黙の艦隊』とか『紺碧の艦隊シリーズ』とかにはまっていたからだと思います。

海にはロマンがある!
多分そんなところでしょう。

ところで一応カテゴリを政治にしたので、少し政治的な考察でも。
つい先日、新幹線事故をごまかすかのように中国軍が空母保有宣言をしましたが。

ちょいと空母について調べてみました。
実は正規空母を所有し、かつ戦略的に稼働できる国家は現状一ヶ国しかありません。
当然ながら米海軍です。
ほか、一応空母を所有している国家は以下の通り。
フランス
ロシア
ブラジル
中国(先日の発表の通り)
以上正規空母(大型)
イギリス(正規空母計画中)
イタリア
スペイン
インド(中型空母計画中)
タイ
以上軽空母(小型)
ブラジルとタイが実は予想外でしたが・・(だからそこまで詳しくないんですよ。)
意外と言えば、空母自体持っている国家が少ないこと、それから所有していたとしても隻数が少ないことです。(米国以外は一ヶ国あたり1~2隻程度)

整備などの期間を考えると、米国以外は常に空母が戦闘に参加できるという訳ではないのです。
となると、中国の動きに非常に敏感になるわけです。
それから、日本の動きも。

海上自衛隊は空母ではありませんが、東日本大震災でも活躍したヘリ空母(ヘリコプター専用の空母)を二隻所有しています。更に二隻、現状よりも一回り大型の新型ヘリ空母が建造中。(大きさは軽空母並み)

中国に対抗するには空母が必要だという論もありますが。
それには一定の理解を示しているつもりですが。
現状を鑑みるに、焦って空母を導入する必要もないのかな、と。
なにより、世界で唯一専用のヘリ空母を開発・運用している以上、他国とは全く異なる海洋戦略があってもいいのではないか、と自分なんかは思ってしまうわけです。

ってかこれだけミサイル技術が発達した時代に、空母って必要なのか?
次期海上自衛隊のヘリ空母はヘリコプター搭載・発着艦のみならず、輸送艦としても(輸送トラックも積める)、海上補給の母艦としても活躍できるとのこと。
となればヘリ空母を旗艦として周囲をイージス艦(ミサイル護衛艦)と汎用護衛艦で固め、ヘリ空母は索敵と後方支援に当たり、ミサイル攻撃で敵空母に相対する戦術の方が効率的ではなかろうか。
あれだけ護衛艦の対空システムが発達すると、戦闘機による攻撃も対処できるのではなかろうか。
それに、対潜水艦となると圧倒的にヘリが有利になるわけだし。
というか独自戦術って萌える。

それに災害救助という目的が必然的に要請される日本という地形を考えるなら、正規空母よりもヘリ空母の方が断然使い勝手が良くなると思われる。そういう意味で戦闘ヘリの用途は幅広い。

最終的には(中国軍が拡大すれば)必然的に空母所有という話にもなるのかもしれないが、ヘリ空母を中心とする新しい海上防衛術を開拓していって欲しいと思うのです。

ではでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。