上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ・・なんということでせうか・・。

盆明け以来更新してないし。
何をやっているのか。
(定期的に現れるサイトがツイッターだけになってるorz)

とりあえず明日衆院選なので自分の考えなりを滔々と。
主に日経新聞を中心に、ネットの情報などで補足した各党の印象です。

民主党
社会民主主義的な傾向を残しつつ、小沢・鳩山の二枚看板を排除することで現実路線に転向した印象。三年前に比べて政党としての成長を感じる。ただしTPPに関してだけはリベラル趣向であり、自民党と比較すると政策の逆転がみられる。原発0とグリーンエネルギー革命が成功すれば地政学が塗り替わるだろう。

自民党
従来に比べてかなり保守に傾き、経済面でも自由主義傾向を強めている。とはいえ「世界で一番企業が活動しやすい国」「産業投資立国」「貿易立国」を成り立たせるに必須となるTPPに関してはやや不透明。一方で諸外国との経済連携協定は推進の方向。選挙上のリップサービスか、或いは矛盾をはらんだまま経済成長策を追求するのか。外交、国防に関しては最も積極的な活動を目指している。教育改革にも言及。

※補足
TPPに関して、民主党は「経済」、自民党は「外交」に位置付けているので逆転減少が発生していると思われる。

公明党
他の人の印象は知らないが政策自体は選挙協力する自民党よりも民主党の方が近いイメージ。自由経済を目指しながら社会保障の充実を図る二兎をどこまで追求できるだろうか。

日本維新の会
石原と合流したことが運の尽き。そもそも橋下はリベラル志向、石原は旧来の保守主義なのだから政策が一致するわけがない。似ているのはメディア対応だけ。とはいえ石原の興味は国防、外交だけの様子なので経済政策は再分配よりも自由主義を強めると思われる。いわゆる「大きい政府から小さい政府へ」という思考は一考に値する。

みんなの党
従来の維新の会と政策一致点が多い。橋下は石原よりも渡辺を重視すべきだった。もう少し時間があればぐだぐだになってしまった選挙協力もうまく行ったかも知れない。

日本未来の党
原発廃止後の電気代や電力安定供給のための方策を示してから出直してこい。

日本共産党・社民党
あ~よくわかんない・ω・

こんな感じですね。
個人的な理想としては自民を中心に民主・公明との連立政権ですが、どうなることやら。

ああそうだ、最後に一つ。

選挙には行きましょう。

別にどの政党を選択するかはお任せします。どうしても決まらないというならあみだくじでもいいかも知れない(笑)
ただ、「一人一票」を手に入れる為に、どれほどの血が必要なのか、少し考えてほしいとは思います。

この時間もシリアではたった「一票」を手に入れる為に多くの人間が血を流し、死んでいるのですから。

民主主義の放棄はそのまま独裁政権の容認へと繋がります。
一人くらい選挙に行かなくても何も変わらない、そう思われる方もいると思います。

でもそれが「ほぼ全員」になったとき、選挙の結果という非常に民主主義的な手法を用いて独裁政権が生まれます。ナポレオンしかり、ヒトラーしかり。その結果が悲劇しか生まないことを、既に我々は認識しているはずです。

そしてその独裁政権を再び打ち破るには、大量の生贄が必要だということも。必ずや何万人という命が失われるでしょう。

過去の人類が何十万、何百万という血を流して漸く手に入れた「普通選挙権」、簡単に捨ててはいけません。
その紙切れ一枚の重みをよく考えてほしいと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://reizisatoshi.blog10.fc2.com/tb.php/66-082af677
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。