上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで続きです。
ってか整体に行っていただけなんですけどね。

では、続きです。

ではまず、日本の国家予算を見てみましょうか。
2011年のものです。

23年度予算案の概要

PDFになっていますが、2枚目の表をご覧ください。
日本の税収は租税・印紙・その他合計しておよそ47兆円
一方、国債は44兆円です。

更に歳出の内訳は下の方を見て頂いて7枚目
社会保障費が28兆円
昨年からの増額は報道でもあるように1.4兆円。
年間1兆円のペースで増加していることが良く分かります。
・・4000億円をカットしておよそ1兆円というのはどうかと思いますが。1兆円と1.5兆円だと全然インパクト違います。

それはともかく、他の歳出も見てみましょう
社会保障費に次いで多いのが国債費です。
21.5兆円。これも増加してます。
借金が増えているのだから、返済にかかる資金が増えるのは当然ですね。
多重債務者が雪だるま式に返済が増えることと同じ構図です。

次が地方交付金
16.7兆円。

よく槍玉にあげられる公共事業費は確実に減少していますね。
それでもたったの4.9兆円。
公共事業を全て廃止しても、日本の財政が全然良くならないことが良く分かります。

続いて防衛費が4.7兆円

他はこまごまとしたものが。

ということで。
何が良いたいかというと、日本は毎年40兆円も借入して、毎年20兆円返済しているということです。
日本の借金総額は958兆円。(2011年12月)
これが該当ニュースです。

国の借金

ということで現状を確認したところで、『略奪大国』に戻りましょう。
まず、国債に関して。
これは始めの1円から違法だと、ジェームズ・スキナー氏は訴えます。
考えてもください。
もし、日本が1円も国債を発行していなければ。

この958兆円が、全て民間に回るんです。

現在の日本国民一人当たりの借金がおよそ750万円となります。(上記ニュース参照)
ということは、本来国民が使えるはずだった750万円が国家に奪われているということにもなります。

どれだけの経済効果かというと、例えば阪神タイガーズが優勝するとこんな感じ。
(ちゃんと研究している人がいるんですねぇ・・)
阪神タイガースの優勝の経済効果を検証する

ということで、935億円だそうです。(2003年優勝時)
単純に考えて、なんと!
100倍!
阪神タイガースが100回優勝して得られる効果だけの資金が、全て国に回っているという訳です。

ちなみに、阪神タイガースのくだりは僕が調べたものです。
『略奪大国』では、こう述べられています。
『1000万円の資本金を持つ企業を、いくつ作ることが出来るでしょうか。1億社です!』
(細かい計算がずれてることは無視してください。比喩表現です。)

或いは資本金1億円の会社が1000万社。

これ、凄いことですよね。
資本金1億円もあれば従業員は軽く100名を越えるでしょう。
ということは、(単純計算になりますが)100×1000万=10億人の雇用が生まれるということに!
(・・だから単純計算なんですってば。)
実際ここまで行かなくても、相当の雇用が生まれることは間違いないでしょうね。
少なくとも新卒学生が就職できなかったり、リストラされた中年が通勤列車にダイブすることも無くなると思います。

ここでもう一つ、考えておかなければならないことがあります。
この国債、誰が買っているんでしょうか。
主に銀行と言われています。

さて、これ、読んでみてああ、成程と思ってしまったのですが。(言われてみると当たり前。)
銀行の資金はどこから調達しているのでしょうか。

そう、皆さんの貯金です。
すなわち。

国債は皆さんの貯金で買っているんです。
関係ないと思ってませんでしたか?

・・僕も思ってました。
国債なんて買う予定なかったですし。

だから日本が破綻するとこうなります。
銀行が貸したお金が、日本という国から回収できなくなります。
結果として銀行の手持ち金額が無くなります。

つまり、
僕たちが銀行に預けている貯金が消滅します。


さて、では何とかして日本の破綻を避けなければなりません。
破綻しても生活が変わらないと思っていた人は、すぐに考えを改めてください。
僕も反省しました。
少ないですが、僕の貯金が紙くずになるのは勘弁してもらいたいものです。

それに、銀行が資金を提供できなければ、企業も資金を回せずに次々と倒産してしまうでしょう。
つまり、雇用があっという間に消滅してしまうわけです。

生きていけませんよね?

日本の国債は国内で回っているから大丈夫。
ではありません。

国内だろうが海外だろうが、国に借金があるという段階でもう間違っているのです。

さて、長々と語りましたが、もっと詳しいことを知りたい人はぜひ『略奪大国』を手にとって見てください。

本文にもこう書いてありましたのでw
『あなたのすべきこと~中略~友達にもこの『略奪大国』を読むように勧めておきましょう。』

他にも、本文にはこれから日本がどうすればいいのか、様々な提案が書いてあります。
納得するものも、ちょっと納得できいない突拍子な案までありましたけれど。
それは各個人で考えられることだと思います。

書店でも目立つ所に置いてあるので、探すのにそれほど苦労はしないと思います。
密林でもいいですけど。

略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!~

ではでは、またお会いしましょう♪
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://reizisatoshi.blog10.fc2.com/tb.php/57-4fc397e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。