上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※ネタバレ注意

一年以上ブログ更新してなかった。今さら復活しようと思ったのはタイトルにある映画を見てきたから。
アイドルマスター『輝きの向こう側へ』である。

少し振り返ると、およそ一年前にグリーで『アイドルマスターミリオンライブ!』の配信が始まったことがプロデューサーになるきっかけだった。それ以前は一人の観客だったと思う。アニメであったり、それ以前にニコ動などで楽曲に触れる機会があったが、積極的にゲームに(要するに課金だ。)を行うようになったのはミリオンライブの影響がかなり大きい。何しろアーケード版は勿論、箱型ですら未プレイなのだ。

ちなみにシンデレラガールズにもほんの少し手を出したが、すぐに撤退した。理由の一つは始めた時期が遅かったことで、実にミリオンライブ配信の数か月前に始めたのだ。上位層にはとても追いつけないと痛感した自分に、ミリオンライブは最適のゲームだった。何しろ配信二日目から始めている。

さて。ミリオンライブの思い出を語るとそれだけで随分な長文となってしまうから、ここでは割愛する。
今日は映画の感想を書きたかったのだ。

感想というか、ネタバレである。思いっきりネタバレを放ちたいという欲求に耐え切れなかったのだ。
記事の頭にも書いたが、これ以降はネタバレしかない。このブログを読まれる方はごく限られた、多分たまたまクリックしただけの方ばかりだと思うが、もしネタバレを心配される諸兄がいらっしゃれば即座にプラウザバックをお勧めする。


よろしいだろうか。

さて、先にも記載したように僕は数あるPの中でもミリオンライブ!しかプレイしたことのない新参者、アーケード時代からプロデュースを続けてきた偉大な先輩方に比べればひよっこにしか過ぎない存在であるが、だからこそミリオンライブ!の新アイドル達には人一倍思い入れを持っているつもりだ。
映画の見どころも自然にミリオンライブ中心になると思うが、ご容赦願いたい。

さて、今回の映画の主人公は圧倒的に春香だ。疑いようがない。だが、敢えて春香以外の人物にスポットを当ててみたい。そうすることで、映画の本質が見えてくる気がするからだ。ちなみに二回見た結果によるものだ。三回目にはまた違う感想を抱くかもしれない。

①春香と美希
端的な言葉に、「春香はミキのライバルだから」というセリフがあるが、台詞にはなっていないところで春香と美希の関係が良く表れていた。
たとえば春香がリーダーに指名されたとき。練習に来ない可奈をどうするか全員で話し合ったとき。可奈を迎えに行くと言ったとき。春香に重要なスポットが当てられるとき、必ず美希は無言で春香を見ていた。テレビ版で春香の正反対の立場に立ち、多少の確執があった二人だが、映画では美希が無言を貫くという行為で春香に対する全面的な同意を表していたのだろう。そして春香が重大な結論を出そうとするとき美希にそれとなく話すこと(今回は洗面所のシーンが該当するだろう)から、春香も美希に対して一目置いているという様子が見て取れる。後述する千早とは異なり、少しビジネスライクにも見える関係だが、それもお互いの違いをお互いがよく認識したうえでお互いを尊重するという稀有な関係を作り上げた春香と美希の特徴的な関係性であると思う。
ちなみに映画の中で春香と美希が二人きりで話すシーンはあそこだけだったと思う。

②春香と千早
言わずと知れたはるちは。正義云々の話はさておき、千早の「私は春香の答えを聞いていない」というセリフにお互いの関係がさらに深くなったことが推測できる。テレビ版ではどちらかというと春香が千早を引っ張る形が多かった。たとえばテレビ版21話の「でも、千早ちゃんはそれがやりたいんだよね。」という台詞を覚えているだろうか。千早が皆の迷惑になるか悩むとき(要するにアカペラで眠り姫を歌うか悩んだ時)、それを支えたのが春香だった。
今度は可奈の処遇をどうするか悩む春香に対して、千早が支える格好になったのだ。
一方で春香は千早に対しては素直に弱みを話せる仲であることに変わりはない。他の皆が雪歩と伊織の自宅に泊まっている時も二人でレストランとかどれだけ仲がいいのか。

③あずさ
出番が少ないと嘆くコメントが多いあずささんだが、自分はあずささんこそ殊勲賞が与えられるべきだと思っている。もっとも端的に表れていたシーンは合宿後のミニライブ後、シアター組(スクール組)の空気が険悪になった時。春香ではあの中に割って入れない。映画では表現されていなかったが、おそらく志保の声が廊下にまで聞こえていたのだろう。それを覗きながらその場に入っていけない春香に代わってあずささんが表に立った。「どうしたの?」という一言が普段の何倍も強く聞こえたのは僕だけではあるまい。他にも合宿中に百合子が弱音を吐いた直後に水を手渡したり、プロデューサーが海外に行くと聞いた直後の雰囲気を纏めたり、最年長者にしかできないことをやってくれた。確かに目立たなかったが、あずささんが発言した直後は必ず壊れかけた場が修復される。春香にはまだまだできない芸当である。

④伊織
伊織は所々の表情が微笑ましかった。春香がリーダーになった時は「悔しいけど春香なら仕方ない」という様子で、美希がダンスで褒められたときは「私だって負けてないのに!」という様子で、負けず嫌いな性格がよく出ていたと思う。ところで今回は参謀役という言葉がぴったりの役柄だった。その分台詞も多く、おそらく深読みも必要がないだろう。
変態四連発に関してはこれ以上言うまい。

⑤雪歩
雪歩が先輩になった、というのは見られた方に共通の感想だろう。それよりも自宅が気になった。一体親の職業はなんなのだろうか……。

⑥志保
言わずと知れたシアター組。今回は汚れ役という評価が強いが、二回目を見て少し考えが変わった。所々、腕を握りしめるシーンがあるのだ。後半で伊織が「焦るのもわかる」というような台詞があったと思うが、(うろ覚え)一番不安を抱えていたのは志保だったのだろう。ミリオンライブでも属性はViであり、決してダンスが得意というわけではない。それでも負けたくないという意識は人一倍強い上に、人に弱みを吐くという行為が苦手な子だから、一人で抱え込み、それが焦りに繋がってしまったのだろう。伊織はそのあたりに自分と似た姿を見たのかもしれない。
エンドロールの伊織と志保のツーショットにほんの少し素直になれた志保の姿を見た気がした。

⑦杏奈
特段活躍している訳ではない。訳ではないがどうしても言いたい。それは僕が杏奈Pだからだ。
とにかく一つ一つの動きが可愛かった。テレビに出る春香と響を見て目を輝かせたり、練習への不安からか一人ぎゅっと手を握りしめたり。ところでミリオンライブ上では杏奈のうさみみパーカーはピンクだけだったが、映画では黄色パーカーも着ていた。中の人(なんす)のイメージカラーが黄色というから、もしかしたら少し関係しているのではないだろうかと邪推してみる。

⑧可奈と志保と杏奈
敢えてこの三人を上げたい。なぜなら全員14歳だからだ。というのも、可奈と志保の関係はよく表現されている一方で、可奈と杏奈の関係はどうにも見えにくいからである。おそらく可奈にとって杏奈はスクール組で一番仲の良い友人なのだろう。それは杏奈にだけメールを送ったり、春香のサイン入りぬいぐるみを一番に発見したのが杏奈であったりという台詞にもあるが、一番注目したいのはライブ直前のシーンである。
少し不安そうな可奈の両手を握って、杏奈が何かを話している(ように見える)シーンだ。一瞬なので一回目は気付かなかったシーンだが、二回目でこのシーンを発見できたのは大きな収穫だった。頑張ろうね、とか多分そんな台詞だと思う。これもあくまで、推測だが。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。